曲木のプロセス

実例:シングル・ボウバック・ウィンザーチェア

トップページへ

蒸気による曲げ加工には首尾一貫した取り組が求められる。それには前もってきちんとした準備が大切で、曲

げのための型(フォーマー)と帯鉄を準備して、相当な圧力がかかるのでそれに耐え得る十分な蒸し器の設備

が求められる。クランプと手袋、木くぎと木槌を準備して、可能であればちょっとしたアシスタントが必要か

もしれない。数本の木を一緒に蒸すことができるが、最初に取り出すものに先ず手が届くようにしておくこと

。スティーム・ボックス(蒸し器)に帯鉄と一緒に曲げるウィンザーのボウ(弓形)を入れる前に、その木が

その端の止め具の間にきちんと装着できる長さであるか、その両端がきちんと直角にカットされているかを確

かめる。

戻る

帯鉄を使用する際は、急いで木をその間に置き、フォーマー(型)に当て、中心の位置を定めてクランプで固

定し、できれば左右同時に型に沿って手前に引く。テーブル(曲げ台)に基盤などを固定させた状態でゆっく

りと、しっかりした力で曲げる。一度十分に曲げきった時点で木釘などで固定るか、あるいは必要であればハ

タガネで固定する。これらの作業に1から2分以上かけないようにする。

一般的に、木が簡単にどこででも曲げられることはあまり知られておりませんが、イギリスでは18世紀後期

にはウィンザーチェアの背やアームを曲げる方法に取り入れられていました。イギリス式ベンディング(私の

個人的呼び方)によっては、高度な設備がなくても、割合簡単に曲げることができます。そこで、ジャック・

ヒル氏の「カントリーチェアメイキング」を参考に2006年7月、九州産業大学デザイン学科木工房で実験し

たときのプロセスを紹介しておきます。(これは一度、九州産業大学のウェブにも掲載したものです。)

曲げの中心の位置に、蒸した後すぐに見分けられるように、印をはっきりと付けておく。むらのある熱で蒸気

を発することになるので、蒸し器の中で、材料がお互いにあるいは箱の側にくっつかないようにする。蒸し器

の上で帯鉄を温めておくと良い。ウインザーチェアーの曲げ材は、32×32ミリ角の棒に対して1時間の蒸

気蒸しが必要である。スティームボックスから木を取り出した後、熱を失うと大変なのですばやい対応が求め

られる。手首とか腕に蒸気がかかるので必ず手袋をはめ、眼鏡などは蒸気でたちまち曇ってしまうので気をつ

ける。